シリットを愛する主婦のおいしい節約料理とオーストラリアライフ

ドイツのSilit(シリット)のお鍋とパイレックスが大好きなオーストラリア在住3児の母が綴るシリット愛&オーストラリアライフ。毎日Silitのお鍋で家族においしいごはん作っています♪物価が超高いオーストラリアで節約料理!オーストラリアのコストコ情報もご紹介します♪

シリットのサービングパンとハイ&ローキャセロールセット購入

一番活躍しているのは、

オーストラリアで買ったSilit(シリット)のサービングパンと

ハイキャセロールとローキャセロールの3点セット。

 

 

これを見つけたときは

珍しく即買いでした。

買ったのは2017年でしたが、

まだ記事にしていなかったので。

 

 

日本にはないセットとその価格に

即決。

 

日本とはまた商品展開がちょっと違うオーストラリアの

Silit(シリット)

 

オーストラリアのお土産にも

Silit(シリット)好きなら見逃せないセットも

あるかもしれません!!

 

今回は、

オーストラリアで買ったSilit(シリット)の3点セットのご紹介です。

 

 

 

 

オーストラリアで買ったSilit(シリット)の3点セット

f:id:sunshinemum:20180109073524j:plain

 

オーストラリアで買ったSilit(シリット)の3点セットの中身は、

 

28センチのサービングパン(ふたなし)

20センチのローキャセロール(ふたつき)

20センチのハイキャセロール(ふたつき)

 

3点セットだけど、

ふたも合わせると5点セットですね。

 

色は、赤と黒の2色展開のみ。

 

 

このセットの値段は、

239Aドル

 

 

日本円にすると現在のレートで

21271円くらい。

 

めちゃくちゃお得ですよね?

もう即決でした。

 

 

 

 

 

サービングパン28センチの値段くらいで

これだけのセットがついてくるのでお得です!!

 

28センチのサービングパンは

公式サイトだと30000円くらいなので楽天は安いです。

 

  

 

今の時点で最安値は

19770円かな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリット サービングパン 28cm ブラック S1928250001
価格:19770円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)

 

 

 

 サービングパンには蓋があったほうが何かと使い勝手がいいので

専用の蓋も販売されています。

 

 

 

 

Silit(シリット)のハイキャセロールとローキャセロールは使い勝手最高!

私のシリットコレクションの中でも

一番使うのが

 

20センチのハイキャセロール

20センチのローキャセロール

 

 

 

蓋がついているので

特に使用頻度が高いです。

 

 

ハイキャセロールは、

ちょっと少なめのカレーなどにも使いますが

もっぱら揚げ物専用。

 

高さがあるので

油が飛び散らず助かります。

 

からあげもエビフライも

この20センチのハイキャセロールです。

 

 

シリットで揚げ物をすると

カラッと揚がります!!!

 

 

とんかつなど長いものは、

24センチのローキャセロールを使用してます。

 

 

20センチのローキャセロールは、

味噌汁やコーンスープなど汁物にぴったりの大きさ。

5人家族でちょうどよい大きさです。

 

野菜をゆでるのもこのローキャセロール。

この大きさだけもう1個欲しいくらい大活躍です。

 

料理で一番使っているのは、

この20センチのローキャセロールちゃん。

 

重さも気にならず使いやすいです。

 

 

2人暮らしなら

間違いなく大活躍。

カレーやシチューにもちょうどよい大きさです。

 

 

この子だけもう1個欲しいので

このセットをもう1セット買ってもいいなと思うほど愛用しています。

 

 

公式サイトでまったく同じものを発見!

今はキャンペーンでスチーマーありもなしも同じ価格!

ゆで野菜を作ったりシューマイなどの蒸し料理に大活躍ですね。

 

 

シリットのお鍋を10個以上持っていますが

この20センチのローキャセロールは最強です。

一番使う頻度が高く、1個では足りないほど愛用しています。

 

 

 

 

 

 

Silit(シリット)のサービングパンの使い勝手

うちは5人家族なので

28センチでちょうどいい大きさですが

重いのでチャーハンなどを作ってフライパンごと持ち上げるのは

ちょっと無理。

 

確かに重いですが、

28センチはチジミやお好み焼きを作るのにちょうどいい大きさ。

 

 

一般的なお好み焼きのサイズ(ちょっと大き目)ができるので

28センチのサービングパンは我が家にはマストアイテムです。

 

 

豚キムチなどを作ってそのままテーブルに出したりもできる

両手鍋デザインはSilit(シリット)が初めてでしたが

洗い物が減るので助かりますし、

テーブルが華やかになります。

 

 

ハンバーグやステーキを焼くのにも

28センチのサービングパンが大活躍です。

 

 

ステーキは

外にはしっかり焦げ目、

なかはミディアムレアのステーキが簡単にできます。

 

煙がでるほど

あっつあつにサービングパンを温めてから

焼けるのでテフロン加工のフライパンにはできない技です。

 

 

ハンバーグをテフロン加工のフライパンと

サービングパンで一度に焼いたとき

そのジューシーさの違いにびっくり!!

 

 

サービングパン、もう1個欲しいくらい!!

私はフライパン2個で焼いていきます。

ハンバーグ作ると2キロのひき肉で

まとめて作ってお弁当用に冷凍するので…

 

1個のフライパンじゃ、時間がかかりすぎる。

 

ハンバーグを作るときに

蓋は必須です。

 

今は、30センチの市販の蓋を利用していますが

ぴったりマッチしないので

やっぱりSilit(シリット)の蓋がほしいなぁ。

 

 

まとめ

オーストラリアで買ったSilit(シリット)の3点セットのレポでしたが、

もしもオーストラリア旅行に来た場合は、

シドニーならQVBのVictoria Basementというお店でSilit(シリット)を

取り扱っています。

 

地下にあるお店です。

 

ほかのVictoria Basementよりも取り扱いがたくさんありました。

 

 

6.5Lの圧力なべも199ドルとお得でしたし、

ライムグリーンや白もありました。

 

QVBは、

観光地ですし、シドニー市街の中心地なので

お土産チェックにぴったりの場所です。

 

 

オーストラリア、シドニー旅行の際は、

ぜひチェックしてみてください♪